WordBench埼玉 vol.9でアンカンファレンスとハンズオン

2013年12月8日(日) WordBench埼玉Vol.9に参加した。大宮のコワーキングスペース7Fにて、テーマは「みんなどうしてる?ローカルから公開までWordPressで運営するためのオススメ構築環境とハンズオン」。前回に引き続きアンカンファレンス形式に加えハンズオンもあり、もりだくさんの内容となった。

「構築環境」でアンカンファレンス

今回のテーマは【構築環境】、ローカル環境からステージング・本番環境などWordPressで構築するための環境について。そもそもローカル環境やステージングって必要なの?といったことから、本番環境の更新方法、バックアップはどこまでやるべき?などを班ごとに話し合った。

wb-saitama-vol9-4

ワールドカフェ方式

あらかじめ指名された4人の班長を中心に4つのグループに分かれた。20分話したら、班長を残して他の好きなテーブルに移動しメンバーを変えて20分話す。というのを3回行った。どのテーブルでも話すテーマは同じ【構築環境】である。前に話していたメンバーが残したメモを手がかりにしたり、ひごろ気になってることを質問したりと話題をふくらませていく。

途中でメンバーがかわるので、参加者と顔を合わせて話せるのが良かった。話題にのぼるのはレンタルサーバーはどこがよいか?バックアップはどういうのがよいか?など。ひとによってオススメ環境があったり、好き嫌いせずにいろいろ試そうという意見だったり。そしてVagrantどういうときに使ったらよいのか?気になるけど難しそう。

wb-saitama-vol9-1

まとめ発表

最後に班長から、どんなことが話題にのぼり、どんな解決または未解決があったか?いまみんなが興味を持っていることとは?など発表があった。4人の班長はベテランもいれば初心者もいたり、同じテーマでありながらバラエティに富む発表となった。
実はここで発表をしないのがワールドカフェ方式だそう。今回はあえてのまとめということで、ちょっとしたライトニングトークを聞くことができた。

構築ハンズオン「CPI ACEを使ってみよう」

ハンズオンは、KDDIウェブコミュニケーションズさんよりCPI ACE01 の体験版を提供いただいてWordPress構築だ。
【講師】日下部 忠之
【サポート】山田 寛 氏(KDDIウェブコミュニケーションズ)

CPI ACE01は、マルチドメイン無制限、容量も『無制限』に使え、公開サイトとは別にテスト環境もあるレンタルサーバーだ。
初期設定のコツとしては、

・データベースをUTF8に設定する
・.htaccessを作成してup
・php.iniでもUTF8に設定してup
・wp-config.phpにデータベース情報を記述してup

おとなりに助けられながらなんとか構築完了。ふだんはテスト環境で開発しながら、リリース手順を踏むことで本番環境に反映される仕組みだ。つまりステージングと本番環境がセットになっている、これは使ってみたい!

ライトニングトーク

岡本雄樹 氏「5分で分かるMonacaPress 一緒にオープンソース開発しませんか」
山田寛 氏(非公開)
田中総一郎 氏「マッチョな複数投稿者ブログ」

飛び入りのしょうこさんからも公開したばかりのプラグインSnowyについて紹介があった。

懇親会

忘年会を兼ねた鍋もの、おいしかった!

wb-saitama-vol9-3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください