WordBench 東京 12月: 「プラグインについて話そう!」Plugin Developers’ Meeting

2013年12月2日(月) KDDIウェブコミュニケーションズセミナールームにて開催されたWordBench 東京に参加した。初のこころみとして平日の夜となったなか、東京近辺のWordPress好きが集まった。会場に着くと季節がらサンタ帽がちらほら、私もさっそくかぶせてもらった。

WordBench TOKYO 2014年に向けて

まずはWordBench 東京モデレーター直子さんより今後の抱負をいただいた。
規模が大きくなりすぎてあまり開催できていないWordBench 東京について、これからは月1回の定期開催を目標とし、毎回異なるテーマを設定していきたいとのこと。たくさんの人が WordPress というオープンソースコミュニティを知り、 深く関わっていけるきっかけにしたいと語ってくれた。

このなかで出てきた「学ぶ」「共有する」「刺激を受ける」の循環がWordPressコミュニティの良さだろう。学ぶのはひとりでできるけど、そこから共有することで刺激が生まれ、次のステップや目標につなげることができる。私がWordPressに興味を持ち続けることができるのも、そんなコミュニティありきと思っている。

そして本日のテーマ「プラグインについて話そう!」のセッションへ。

ノンプログラマーのための WordPress プラグイン開発超入門

アシアルの岡本さん(ジャスティス隊長)によるプラグイン開発入門で、サブタイトルは「クリスマスまでにプラグインを作ろう!」
プラグインとはなにか?どんなことができるかといった初歩的な紹介から、具体的にどうやって作るのか、公式ディレクトリ登録でつまづいた点を踏まえての発表となった。私がプラグインを公開するために苦戦していた1ヶ月前にこのセッションを聞きたかった!とはいえ今聞いてもとてもわかりやすい。

このスライドを見れば誰でもクリスマスまでにプラグイン作者になれること間違いなしだ。

Plugin Developers’ Meeting

plugin-developers-meeting公式プラグインディレクトリ登録開発者によるパネルセッション。パネラーは左より、

岡本雄樹(ジャスティス隊長)
モバイルアプリ開発プラットフォームMonacaPressを公式ディレクトリに申請中だが音沙汰が無いと悩んでいる。

鳥山優子(私)
プラグイン作者となってからまだ間もないのに、このような機会をいただき緊張しながらも楽しませてもらった。

堀家隆宏(確認さん)
Trust Formはじめ数々のプラグインを公開している大先輩、私がプラグインを公開しようとしたきっけかの人物。

プラグインを公開しようとしたきっかけ

プラグインの公開にいたっては白い理由と黒い理由があるのだ。自分が便利と思って作ったものをほかの誰かにも使ってもらいたい。自慢できる。簡単に公開できるときいてやってみた。ちょっとしたジョークのプラグインでかわまないので、みんなも公開してみたらよい。

プラグインを公開して変わったこと

公開してから、というよりも公開しようとしたタイミングで変わったことが多い。人に使ってもらえる機能を考えたり、ソースコードをきれいに書いたり、自己流ではない姿勢をもつ。

これからどうしていきたいか

世界中で使ってもらえるようなプラグインに育てていきたい、マネタイズを考えたい、メンテナンスを続けていきたいなど。

ライトニングトーク

乾杯のあとはライトニングトーク、アルコールが入ったこともありさらに盛り上がる。印象的だったのは神プラグインを紹介するLIGさんのロングトーク、バックグラウンドミュージックとともに炸裂するメガネさん、孫の手を片手に大演説する大曲さんでした。

プラグイン作ってみようかなぁ、公開してみようかなぁ、と感じていただけただろうか?おつかれさまでした!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください