子テーマで親テーマのディレクトリを知る

WordPressで構築しているポータルサイトに記事コンテンツ(いわゆるブログ)を設置することになった。ここで同じブログ内の別カテゴリとしてやるか、子ブログでやるかで悩むところだ。管理者が別ということもあって、記事が混在しないほうがよいかと子ブログを採用した。

デザインも似ているため子テーマでやってみようしたら、困ったことがあった。テーマ配下にある画像やJavaScriptのパスである。画像のパスを取得する際に親テーマのディレクトリにあるのか、子テーマのディレクトリにあるのかで区別する必要があったのだ。以下で区別できるとすぐに分かった。

子テーマの場合親テーマのURLは、
bloginfo('template_url');

子テーマの場合子テーマのURLは、
bloginfo('stylesheet_directory');

通常は同じ値が返るため区別のつかなかったこのコードを子テーマで使うと、違いがあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください