MySQLを5.1にアップデート

面倒でほったらかしになっていたサーバまわりのアップデートを、連休中に行った。WordPress3.0がリリースされてからほぼ1年になるので、かなりサボっていたことになる。業務ではもちろん3.0以上を使用していながらも、当ブログは2.8のままだった。というのも、WordPressをバージョンアップするには、さくらインターネットでMySQLのバージョンを4から5に上げねばならなかったからだ。MySQLはMovableTypeと併用していることもあり、手を付けるのに勇気を要した。連休の目標はMySQLとWordPressを最新版にすることと決めた。

さくらインターネットでのMySQLのバージョンアップは以下のとおりだ。データが少ないためかなんのトラブルもなく、30分もかからずに終わった。

  1. phpMyAdminですべてのテーブルをエクスポートする。複数サイトを運営しているので、サイトごとに分けてエクスポートした。文字コード(UTF-8)に気をつけながら、念のためSQL形式のほかWordPress形式やMT形式でもバックアップを取っておく。
  2. phpMyAdminからいったんログアウトし、さくらのコントロールパネルでデータベースを削除する。やり直しがきかない作業なので、バックアップ内容の確認に念を入れてから行う。
  3. 新しいphpMyAdminにログインし、データベースをMySQL5.1で新規作成する。ここでデータベースのサーバ名とパスワードが変更された。
  4. データベースの照合順序をutf8_generalciに設定し、SQLファイルをインポートする。
  5. wp-config.phpやmt-config.cgiでデータベースのサーバ名とパスワードを修正
  6. ブログの表示を確認して完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください