予約投稿に失敗する場合

開発したサービスをサーバに設置してからリリース日までは、IPによるアクセス制限をかけて社内からしか参照できないようにしておく、というのはよくあることだ。その状況で動作確認をしていると、毎朝実行するように設定したwp_schedule_event()が動かなかった。もしやと思って試してみると予約投稿にも失敗する。ローカル環境ではうまくいくのになぜかと思ってちょっと調べた。
指定の時間になったら実行する、というような処理はWordPressの擬似cronで行われる。このときWordPress自身が自分のURLを参照するため、アクセス制限があると解決できないということらしい。.htaccessに記述しているアクセス可能IPに社内のIPのほか、サーバ自身のIPを追加するとうまくいった。

これまでも、テスト環境では予約投稿できないんだよなぁ…とずっと思っていたので、原因がわかってよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください