リビジョン管理を無効にする

最近のWordPressに搭載されいているリビジョン管理は、編集履歴を残す機能である。CMSとして複数人数で利用している場合には便利なものの、個人ブログで必要にかられることはあまりない。編集履歴はMySQL上でsb_3_postsとして保存されるため、投稿IDがどんどん増えていくのも気になる。

このリビジョン管理を無効にすることができる。wp-config.phpに以下を記述しておくとよい。

[sourcecode language=’php’]
define(‘WP_POST_REVISIONS’,  false);
[/sourcecode]

記述する位置は、「// 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。」の直前あたりだ。第2引数がfalseの場合はリビジョンが無効となる。ここに数値を指定すると、履歴を残す世代を指定することになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください