コーヒーガム

ロッテの懐かしいガムが3種類ほど復刻されている。1番覚えているのは、やはりこのコーヒーガムだ。ほろ苦く甘く、まだ飲み物としてのコーヒーを知らない子供のころにわくわくした味である。自販機で売っていた時期もあったように思う。銀紙をむいて茶色の板ガムを折りまげながら口にいれるときに感じるオトナっぽさとともに、すぐに味がなくなってしまうところまで懐かしむことができるのが嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。