チロル舟和芋ようかん

「チロルご当地めぐり」の連続となる。東京は浅草、舟和の芋ようかん!なにかよいことがあると小田急デパートの地下に寄り、買ってよいことにしている大好物なのだ。
袋をちょっと開けただけで、もわーんと芋の香り。たまらない…芋ようかん風味のチョコに、芋風味ペースト、芋ようかん風味あん、ええぃややこしい。チョコが甘くて、黄色すぎやしないか?という印象はさておき、包み紙が舟和の包装紙になっているのが非常によい。最&高というほかない。舟和を愛するあまり捨てられなくて、アイロンがけしてストックしてしまうほどお気に入りの紙なのだ。それがいま、チロルチョコを包んでいる。やや中身は黄色すぎるものの。
あぁこれ、大きいサイズでだしてくれないかしら。

写真-1写真-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。