柿の種CoCo壱番屋監修カレー

9557

もともと辛い柿の種をカレー味にするとは、期待がふくらむではないか。黄色い袋がいかしてる。中身の見た目は普通の柿の種であるにかかわらず、食べたときの辛さはしばらく舌に残るほど強い。ココイチのテーブルにある「とび辛スパイス」が使われているからだ。カレー味は申し分なく、予想以上の辛さに舞い上がった。調べてみると、CoCo壱番屋監修カレーというのはこの柿の種だけでなく、レトルカレーからカップ麺、ピラフ、コロッケといったものまでコラボ商品として発売されている。

写真

コメントを残す