XAMPPでActivePerl

XAMPPのPealアドオンをインストールしてPerlが動くようになったと思ったのもつかの間、肝心のMTのインストールが進まなかった。
http://localhost/mtos/mt.cgi
にアクセスすると
DBI object version 1.607 does not match $DBI::VERSION 1.604
というエラーが表示された。MySQLを使用するためのDBIのバージョンが違うといっているらしい。ググっても対応方法が分からない。

http://localhost/mtos/mt-check.cgi
で実行環境をチェックしてみると、やはり途中でエラーが出ていることが分かった。

お手上げモードでググっているうちに、XAMPPのアドオンPerlを使うよりも、ActivePerlというものがよいらしいことを知り、とりあえずこちらを試すことにした。
XAMPPのapacheとMySQLを停止し、Perlアドオンをアンインストールする。
ActivePerl 5.10.1のmsiをダウンロードして実行する。インストール先は”c:\usr\”を指定するとよい。こうするとperlのパスが”/usr/bin/perl”となり、CGIファイルのパスを修正せずに済むのだ。

apacheとMySQLを再開してmt-check.cgiにアクセスすると、エラーが消え「システムのチェックを完了しました。」が表示された。まだ足りないモジュールはあるようだ。ここまで時間がかかったものの、自力でなんとかなったのは嬉しい!やっとMTのインストールができる(か?)。

1件のコメント

  1. Hey there! Someone in my Myspace group shared this site with us so I came to give it a look. I’m definitely enjoying the information. I’m book-marking and will be tweeting this to my followers! Great blog and fantastic style and design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください