V.I.P.ティラミス

V.I.P.が復刻されたものの板チョコでないだのティラミスでないだの文句を言っていたのがちょうど1年前である。おそらく多くの消費者がそう漏らしたのであろう、今年は板チョコにしてティラミスチョコレート味の復刻である。あぁ、V.I.P.といえばこれなのよ。メタリックの入ったへんなペイズリー模様だ。いったい現代にして食べるとあの嬉し恥ずかしティラミス味とはどんな味なのか。期待とともに銀紙をむき口へ運ぶと・・・やはり色あせていない濃厚な味なのだった。これはもう、ティラミスが珍しかった当時(バブル期)を懐かしむ気持ちを考慮したとしても、今やはりおいしいと言わざるを得ない。ダブルベリー味も買わねば!

2件のコメント

  1. わー 懐かしいですね!!早速買いに行かなくては。金色、銀色から始まって「スーパー生クリーム」とかいう花柄のV.I.Pもあった様な気がします。V.I.Pが無かったら私の学生時代、もう少し痩せていたと思いますね・・・・

  2. >V.I.Pを知ってたの?懐かしすぎますよね!ティラミス味が色あせてないのが嬉しいわ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。