キャラメルコーンスティック

このような形状になってしまってもキャラメルコーンと呼んでよいものかどうか。口に入れるとシュワーと溶けるいつものとは違って、カリカリッと香ばしい。これもまたおいしいものだ。ちゃんとピーナツが入っているのも嬉しい。しかしカップの底にたまってしまったピーナツは非常に食べにくく、キャラメルコーンの合間にちょっとピーナツで一休みといった食べ方ができないのが残念である。いっそ、スティックのなかにピーナツを混ぜてしまうという、南部せんべい様式ではどうだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。