納豆玉(梅しそ味)

その臭さのため、登場まもなく姿を消したかと思われていた納豆玉である。梅しそフレーバが加えられ、いくぶん食べやすくなったような気がする。カップより直接口へと注ぎ込むのが正しいとは、初めて気づいた。空になったカップは、納豆を食べたあとのどうしようもないベタベタの発泡トレーの匂いにも等しい。こんな納豆玉でも、隠れファンは少なくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。